2015年1月/府中教育通信

2015年1月

「国語力」とは?

「国語力」って何なのか?

受験生たちに国語の長文読解の指導をしたり、推薦対策で小論文の対策をしたり、国立二次の指導をしたりすると、そんなことを自問してしまいます。正しい選択肢を選ぶことが「国語力」なのか?かといって受験生全員に小論文を課し、果たして試験官はすべての文章を公平に見ることができるのか?今でも「う~む」と考え込んでしまいます。それでも毎年受験はやってくるので、1人でも多く、1点でも多く取れるように頑張っています。

長文の内容も中学入試では「道徳の問題」 家族・友達は大切にしましょう。地球環境は大事です。といった内容が多いです。高校入試では「常識問題」広く常識と思われることがテーマになっています。これに対し大学入試では「自説の主張」の問題になります。ちょっと常識とはずれた自説が展開され、多くの受験生は混乱し、筆者の主張を聞かれているのに自分の考えで問題を解答し、バツをもらいさらに混乱します。

ですので、「中学時代は国語が得意だったのに、なぜか高校の模試では点数が取れなくなった」といった話をよく聞きます。これは高校入試で聞かれていたことと、模試での質問が変化しているからで、この変化についていけなければ、つまらない失点を繰り返すこととなります。きちんと聞かれていることは何なのかを考えることはもちろん大切ですが、「傾向としてこういったことを聞かれる事が多い」と準備しておくことも大切です。

センター試験の国語もみんなうまくいきました。私大の過去問をやっても国語で点数を稼げています。今年度で、国語の指導法が確立した感があります。さらなるレベルアップはもちろんしていきます。どうぞ一度体験してみてください。

正しい勉強方法とは?②

 私が以前、集団塾で教えていた時に自習室で生徒が学校の宿題をしているときの話です。

私は分からないことはないかな~と様子を見に行きました。

私「何か、分からないところとかない?」

生徒「大丈夫。答え写しているから」

私「!!!」

私としては突っ込みどころが、いくつもありすぎて気絶しそうになりました。私の顔色が変わったのを感じたのか、

生徒「明日提出期限だから、写さないと間に合わないよ」

生徒は「ゆとりの世代」ではないはずなのに、たぶん学校の先生が「ゆとり」なんだろうなと思って、やりきれなさを感じながらその場は離れました。

もちろんその後、その生徒に対しては、厳しくスケジュール管理をして、期日に迫られ答えを写すようなことは無いようにしました。

実際その生徒は、偏差値50前後なので、恐らくクラスの半分くらいは答えを写すという不毛なことをしているんだろうなと考えます。学校の先生も宿題のチェックをしているようで、していないから、宿題のできと、確認テストのできの違いを突っ込むこともしないし、生徒も突っ込まれないからこれでいいのだと思ってしまうのですね。

以上のことから、相当意識の高い先生に出会わない限り、「正しい勉強方法」を学校で教わることは期待できません。ここでは詳しい内容をお伝えすることはできませんが、「正しい勉強方法」の肝は対話です。生徒がどこまで理解しているかを分かったうえで指導するということです。これができないと「ムリ・ムダ・ムラ」が出てきて時間をロスしてしまいます。

最近は「学校の評定を上げたい」をいう生徒からの問い合わせが増えました。我が教室は「逆転合格」も強いですが、それに付随する「内申アップ」も定評があります。どうぞ一度体験してみてください。

「逆転合格」とは

昨シーズンの合格者は、違うページにてお知らせしているので、そちらを参照していただくとして、

今シーズンのこれまでの合格者は、

〇高校三年までサッカーしかしておらず、「原稿用紙の使い方」から始め、AO入試を志す。第一志望の横浜桐蔭大学に合格。

〇中学範囲から英語・数学・国語をやり直す。日統一(日大の内部推薦試験)で「古文・漢文全問正解」して、第一志望の日大経済学部に合格。

(AO・推薦入試 2名中2名合格)

 

彼らのこれまでの成績や、日報を見返すと、「よく教室のことを信じて、中学範囲からやり直してくれたな」と、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

チラシや、HPでの「逆転合格」の謳い文句は、あくまでも教室外部から見たときに、そう感じるのであろうな、と思っています。

自分自身、小学5年生の夏休み前、偏差値30台から受験勉強を始め、小学6年生夏休み明けに偏差値70オーバーになり、結果、早稲田実業に合格した時も、周りがなぜ驚いているのか分かりませんでした。なぜなら、他の誰よりも勉強していたと自負していたからです。

しっかりと「勉強時間」を確保し「正しい勉強方法」を身につければ、自然と成績は上がってしまいます。

もちろん個別指導なので、特色のある入試対策も問題なくできます。彼を知り己を知れば百戦危うからず、と孫子も言っているように、しっかりと第一志望校の分析をして対策をしていきます。

私としては当たり前のことを当たり前にやっているだけのつもりですが、今後もやり続けて行く所存です。

 

さて、明日はセンター試験ですね。受験シーズン到来です。今年もまた、生徒たち全員「第一志望校合格」をめざし、走り切りたいと思います。そして「逆転合格ストーリー」を知らせしていきたいと思います。

国語力を強化する意義とは

早速ですが「国語の成績ってどうやってあげるの?」と質問されたとき、皆さんはどのような回答をしますか?

①「本をたくさん読むことだよ」

②「とにかく問題をたくさん解いて」

こういった回答がほとんどでしょうか。

でも私は違うと明言します。

①の回答に対しては、「じゃあ、どんな本を読めばいいの?」という新たな質問が生まれます。どのようなタイミングで、何の本を読むのかが明確にならない限り、質問に答えたことにはなりません。

②の回答に関しては、「問題を解いてもマルにならない」という悩みに対して「問題をたくさん解け」という答えは頂けません。

 

とある大手の個別指導塾さんは「国語の授業自体を実施しない」そうです(今でもそうかは知りませんが)。なぜなら「国語の成績は上がりづらく、成績保証ができないから」だそうです。その塾は成績保証をしています。その心意気や良しですが、だからと言って国語の指導をしないことの理由にはなりません。成績の上がりやすい、理科社会を積極的に勧め、見た目の成績を大事にしている印象でした。もちろん経営戦略としては正しいですが。

 

我が教室では、国語の指導を積極的に行います。宿題として長文を解いてきてもらい、どこまで理解できたかを対話方式で確認しながら返却します。国語はすべての科目の根幹をなすものです。理系だからと言ってやらなくていいものではないと思います。もちろん強制はしません。希望者のみです。大事なのはこの対話方式で、これが国語の指導の肝です。分からない言葉・単語はなかったか、読み間違いはしていないか、きちんと消去法で解いているか。一つ一つ確認しながらでないと、国語の成績は上がりません。私との約束を守り、正しく長文の問題を解いたら、早い生徒で50題、時間かかっても100題ほどで成績は見違えるようになります。

おそらくすべての教師・講師の方々は国語の大切さは理解していると思います。でも、国語の成績を上げるにはどうしても時間がかかってしまいます。また、集団授業形式では、生徒が自分の書いた答えであっているのかどうかを自分で判断しなくてはいけないので、成績は上がりづらいです。でも、国語って一度成績が上がると、もう成績が下がらない科目でもあります。ただし、これはテクニックに頼らず、きちんと国語力として身に着けた場合です。真の国語力を身に着けたいのなら、一度体験してみてください。

 

冬期講習完了のお知らせ

平成26年度の冬期講習が、昨日をもちまして完了しました。

 

多くの受験生たちは、1日6時間勉強し、家でも大量の宿題を行い、若干の消化不良を感じながらも予定通りの勉強量を完了しました。

引き続き過去問演習を授業で行い、間違えた問題の範囲を宿題で行います。作文演習もします、鎌田の直接指導です。

 

この調子で受験日まで突っ走りましょう。

新年のご挨拶

みなさま、あけましておめでとうございます。

今年も精一杯生徒のために全力を尽くしますので、よろしくお願いします。

冬期講習も折り返し地点です。毎日生徒たちは朝から一生懸命机に向かって、志望校合格、目標達成に努力しております。講師陣も生徒に負けじと熱い指導をしております。今年もこの調子で駆け抜けたいと思います。

« 2014年12月 | メインページ | アーカイブ | 2015年2月 »

府中教室の塾生が通う学校一覧

【高校生】:
大妻女子高校、明星高校、都立府中高校、都立杉並高校、帝京八王子高校、 昭和第一高校、国士館高校、日大明誠高校、駿台学園高校

【中学生】:
府中第二中学、府中第四中学、府中第六中学3名、府中第八中学、府中浅間中学 桐朋女子、明星中学

【小学生】:
府中第四小学校、府中第六小学校、府中第十小学校

「府中個別学習会」の塾生の皆さん、がんばって!
目指せ!逆転!