2015年11月/府中教育通信

2015年11月

聞かれたことに答えるようにしよう

 何を当たり前のことを・・・ と多くの方は思うかもしれません。でも、多くの生徒はウチの教室に通い始めたころは、このことができません。以前私が店長をしていた飲食店でも、このことができず、多くの従業員が私をイラつかせていました。

会話のパターンとしては

私、「どうしていつも宿題をしてこないの?やる時間がないのなら、できるところまででいいから。手つかずっていうのは勘弁してよ。次から少しでもできる?」

生徒「っていうか、学校の課題が多くて、今回は宿題ができなかっただけです」(ちょっとキレ気味に)

会話ができない生徒が多いです。私としては、いつも宿題をやってこない生徒に注意をしています。また、やる時間がないのか、宿題のレベルが高すぎるのか、そもそもやる気がないのか聞いているのに、生徒側は問題が学校サイドにあると主張しています。しかし、私としては学校のせいで塾の宿題ができないという主張は受け入れるわけがありません。学校の宿題に追い回されるようなスケジュール管理では、周りの生徒よりも勉強の時間が確保されているとは言えず、成績が上がっていくわけはないからです。

また、このようなレベルの低い返答しかできないということは、問題文がきちんと把握できているのか不安になります。

例えば漢文になってしまいますが、

吾嘗三仕、三見逐於君。(私はかつて何回も仕え、そのたび、君主に追放された)

という文章があったら、まったく漢文の学習をしていない生徒は、「見」を「見る」と訳してしまうでしょう。でも実際は「見」は「受け身」を表す「る・らる」と訳さなければなりません。だから、例えば問題の中の選択肢で、この文章を「見る」で訳しているものは消してOKなのです。

「え?絶対そうなの。動詞の見るで訳すことはないの?」と言われるかもしれませんが、

「実際の文章内では、ないとは言い切れないが、それが《問題》として成立することはない。なぜなら《勉強をしていない生徒の方が正解する問題は存在しない》からです」

ちょっとレベルの高い話になるかもしれませんが、「ひっかけ問題」にひっかからなくするためにはこのあたりが大切です。気づくべきところで気づけるかです。哲学的に言えば、なぜこの問題が出題されているのかを考えることです。

スポーツでいえば、練習の意義を考えることに相当します。「やらされている練習」では成長に限界があります。筋トレのときも「これから〇〇の部位を鍛えるぞ」と考えて、意識して取り組めば効果は上がるそうです。「監督がこの練習メニューをなぜ取り入れているのか」を考えれば、監督が何を望み、どんな選手を重宝するのか分かるでしょう。それができれば試合中、相手の考えていることが分かってきたり、次にどのプレーが有効なのかが分かってきます。つまり、効果的に試合が進められ、勝利に近づけます。

そのことが普段から意識できていると、問題を解きながら「この問題はこのことを聞いているんだな」とか「この問題は、ここでひっかけようとしているな、オレはひっかからないけど」と、まるで出題者と会話しているような感覚になり、そこまでくれば偏差値70を超えられるでしょう。

ウチの教室でも国語を選択し、長くても1年間授業を受け続ければ、国語の成績が見違えるほどよくなります。昨年のセンターでも、海洋大に合格した生徒がセンターで国語の成績が一番良かったという珍現象が起きました。

つまりは、しっかりと会話ができなければ、問題文の意図するところも分からず、結果成績が伸び悩みます。ということです。「国語が全ての科目のベースである」と考えるのはこのあたりにあります。

期末試験対策授業スタートです。

 本日より期末試験対策授業がスタートしております。中学生からすれば約3週間前からのスタートで、「ちょっと早いんじゃないの?まだ、試験範囲も発表になっていないし」という声も聞こえてきそうですが、試験範囲が発表になるのは、テスト1週間前、はっきり言って、そこから勉強し始めたのでは、ワークを1周して終了です。実技科目には一切手を付けずでしょう。

 今シーズンから内申の換算方法が変わり、実技科目の内申は2倍の価値を持つようになりました。しっかりとペーパーでも高得点を取ることが大切です。

 テスト一週間前に「ワークが終わっていない」という生徒は、まずはそこから改善しましょう。「ワーク」の和訳は「仕事・作業」です。つまり、勉強に入る前段階なんですね。ワークを1周して、バツだった問題を繰り返して解いて、身に着ける。暗記するべきものは暗記する。前回の中間試験終了時「次こそ頑張る」と思った生徒はまずは「スケジュール管理」をやって、「準備の時間をしっかり取る」ところから始めましょう。

« 2015年10月 | メインページ | アーカイブ | 2015年12月 »

府中教室の塾生が通う学校一覧

【高校生】:
大妻女子高校、明星高校、都立府中高校、都立杉並高校、帝京八王子高校、 昭和第一高校、国士館高校、日大明誠高校、駿台学園高校

【中学生】:
府中第二中学、府中第四中学、府中第六中学3名、府中第八中学、府中浅間中学 桐朋女子、明星中学

【小学生】:
府中第四小学校、府中第六小学校、府中第十小学校

「府中個別学習会」の塾生の皆さん、がんばって!
目指せ!逆転!