2017年4月/府中教育通信

2017年4月

今の時期、何から仕掛けるべきか

 「今の時期勉強しろって言われても、学校の授業は始まっていないし、何すればいいんだろ」

 という生徒さんはいませんか?

「何をすればいいのかわからない」

「予習って具体的に何をすればいいの」

いざ、今年度は勉強頑張るぜ、と思っても、何をどう頑張ればいいのかわからなければ、成果も出ませんし、そもそも何をもって成果とするのかも曖昧です。

それでは「頑張ったつもり」になってしまい、テスト結果を見ても、うまくいったのか、また改善ポイントはどこにあるのかも明確になりません。

 

 そこで、当塾での「今の時期何の勉強をするのか」のオススメは「予習をしまくること」です。

具体的には「英語のノート作り」「数学をできる限りすすめる」ことです。

国語・理科に関しては教科書を順番に進めない先生もいるので、仕掛けづらいです。また社会は復習メインでいいと思うので、

積み上げで比較的時間のかかる「英語と数学」を前倒しすることをオススメします。

「予習と復習」っていうけど、何をどうすればいいのか分からないという方は、一緒にやり方をマスターしましょう。

合格の確率を上げるためには

 この時期にこのページをご覧になっているということは、

迫りくる「受験」というものに少なからず不安を抱き、しかも「合格」を勝ち取りたいと思っている方がほとんどだと思います。

当塾はその「不安」を取り除くために存在していると思っていますし、少しでも「合格」を勝ち取る可能性を上げていこうと思っています。

「不安」を取り除くには、合格を勝ち取るまでの「計画」をたて、実行するのみですし、

「合格」の可能性を上げるためには「今すぐやる」ことしかありません。

残念ながら、皆さんの志望校の「試験日」はもう決まっています。それはつまり試験日までの準備期間も決まってしまっているのです。

であれば、準備期間が一日でも長いほうがうまくいく可能性は上がるに決まっています。

もう、悩んでいる暇なんてありません。

2~3校塾を回って自分に合った塾を探すのは大切だと思います。

でも、間違ってはいけないのは、「比較する」のと「悩む」のとは違うということです。

「悩む」というのは一歩も踏み出せていません。実行にうつせていません。

「比較する」というのは、とりあえず実行に移す心構えはできていますが、「どこでやるのがいいのか」を考えている状態です。

悔いの残る受験にしないためにも、早く一歩目を踏み出してください。

進学・進級おめでとうございます。

 春期講習も終わりが近づき、新学期が始まる時期となりました。

新中学三年生、新高校三年生たちも受験生としての自覚も芽生え、毎日実力アップに励んでおります。

新年度も指導に全力を尽くす所存でございますので、どうぞよろしくお願いいたします。

« 2017年3月 | メインページ | アーカイブ | 2017年5月 »

府中教室の塾生が通う学校一覧

【高校生】:
大妻女子高校、明星高校、都立府中高校、都立杉並高校、帝京八王子高校、 昭和第一高校、国士館高校、日大明誠高校、駿台学園高校

【中学生】:
府中第二中学、府中第四中学、府中第六中学3名、府中第八中学、府中浅間中学 桐朋女子、明星中学

【小学生】:
府中第四小学校、府中第六小学校、府中第十小学校

「府中個別学習会」の塾生の皆さん、がんばって!
目指せ!逆転!