2017年5月/府中教育通信

2017年5月

中学1年生、高校1年生の皆様

 今年はなぜか、中学三年生から高校一年生の継続が多かったです。つまり中学三年生で受験が終わっても、高校での勉強の大切さを自覚し、大学入試に向けて早くもスタートを切っている状況です。さすがに受験生の時と同じペースではないですが、高校一年生での科目数の多さに面くらいながらも、早めに勉強を仕掛け、目標をクリアーする点数を取ってくれました。

 

 なんでもそうですが「早めに仕掛ける」というのはうまくいく秘訣でもあります。「善は急げ」や「早起きは三文の得」という言葉もあります。特に受験のように、すでに「決戦日」が決まっているものはそうです。受験日はずらすことはできませんし、基本的に「1年浪人」というのも避けたいものです。「後ろ」が動かせない以上、「前」を動かすことでしか準備期間を変更することはできません。

 

 しかしながら、多くの中学一年生や高校一年生は、

「とはいえ部活が・・・」

「まだ早くない?」

「受験は三年生になってからでしょ」

といった考えで、本格スタートが切れないでいます。頭では分かっていても、決断ができない状態です。

確かに中途半端な気持ちで「受験勉強」は始められません。

当塾も「逆転」を合言葉にしてはいますが、それは最後の手段です。

基本的にはしっかり早めに準備して、あまり無理することなく「第一志望合格」が一番だと思います。

中間試験対策実施中です。

  だいぶ前回の更新から時間がたってしまいました。というのも新規入塾面談、体験授業、そしてまた面談と、おそらくほかの塾に比べて、当塾は入塾まで多くの時間を費やします。それは、入塾する生徒たちには前向きに頑張ってほしいし、こちらも全力を尽くす以上、半端な気持ちで入塾してほしくないからです。授業料をいただく以上、最高のパフォーマンスで日々頑張っております。

 高校の多くでは今、中間試験です。早いところでは先週末で終わっていますが遅いところだと今月末に実施されます。中間試験は範囲が狭めで、高得点を狙いやすく、また、新学期ということもあり、生徒もやる気になりやすいです。今のところは「失敗した~」という声は聞かれませんが、当然期末試験は今回の反省を生かし、よりよい点数を狙わなければなりません。

 当塾では、定期テスト対策も行っており、普段受講している科目以外も勉強することができます。また、生徒一人ひとりに対してそれぞれカリキュラムを組んでいるので、進学校や付属校でも対応することができます。興味がございましたら、ご一報ください。

« 2017年4月 | メインページ | アーカイブ | 2017年6月 »

府中教室の塾生が通う学校一覧

【高校生】:
大妻女子高校、明星高校、都立府中高校、都立杉並高校、帝京八王子高校、 昭和第一高校、国士館高校、日大明誠高校、駿台学園高校

【中学生】:
府中第二中学、府中第四中学、府中第六中学3名、府中第八中学、府中浅間中学 桐朋女子、明星中学

【小学生】:
府中第四小学校、府中第六小学校、府中第十小学校

「府中個別学習会」の塾生の皆さん、がんばって!
目指せ!逆転!