英単語の重要性/府中教育通信

HOME > 府中教育通信 > 英単語の重要性

英単語の重要性

 私自身、中学から難関私立に通わせていただき、中学1年生の英語の授業で「仮定法」の単元まで突き進むという、鬼のような授業を当たり前にやってきていたので、塾業界に飛び込んだ時には「なぜこの程度の英語ができないのかわからない」という、指導者にとっては致命的な思考回路でした。

 でも、指導を重ねるに従い、一つの結論に至りました。決定版ではないですが。

 やはり、最後には英単語なのかもしれません。

 

 というのも、英語の指導の段階は、そんなに学校も塾も変わらないと思います。

〇英文法をたたき込む   思いっきりさかのぼって、英文法の総復習を行う。基本的な問題集で最低でも80%以上の正解率。ここをクリアーしないと何やっても無駄なので、早急に問題集を一冊クリアーしましょう。

〇構文や短文で演習    文法的なものは聞かれれば答えられるものの、演習量が少なかったり、単語がわからないため、何をどう答えればいいのかわからない段階。演習はバンバンするので、生徒は英単語を強化しないと、結構な壁に感じる。

〇長文演習     この段階をクリアーすると、長文も内容読解も問題ないが、意外と文法問題や、会話表現、慣用表現で失点することに焦る生徒が多い。これは英単語や、ネクステージなどで強化する。理想としては、長文問題の中で出会ったものをその場で覚えるのが理想だが、時間的に厳しいことが多い。中には国語力で強引に突破する生徒もいる。

本当にざっくり言えば、この3ステップが英語指導の全てともいえます。

全てのステップにおいて、英単語の重要性があります。

長文読解においても、一つの段落でわからない単語が3~4あったら辛いです。

ですので、どの段階においても、その成績を突き抜けるには、意外と単語のストックが大切なんです。

上位私立なら、単語帳はソコソコにして、長文問題演習をガンガンやって長文の中で単語を暗記していくのですが、

今までサボってきたり、そんな授業をやってこなかった生徒たちは、まずは単語帳を暗記して、慣用表現や会話表現を丸暗記するしかないです。

結論としては当たり前のことですが、「当たり前のことを当たり前にやる」のは半端ない覚悟が必要ですよ。

< ノートをきちんととってる?  |  一覧へ戻る  |  3年連続全員第一志望校合格奪取(中学受験) >

府中教室の塾生が通う学校一覧

【高校生】:
大妻女子高校、明星高校、都立府中高校、都立杉並高校、帝京八王子高校、 昭和第一高校、国士館高校、日大明誠高校、駿台学園高校

【中学生】:
府中第二中学、府中第四中学、府中第六中学3名、府中第八中学、府中浅間中学 桐朋女子、明星中学

【小学生】:
府中第四小学校、府中第六小学校、府中第十小学校

「府中個別学習会」の塾生の皆さん、がんばって!
目指せ!逆転!