2018年2月/府中教育通信

2018年2月

3学期期末試験対策スタートです。

受験生の過去問の指導をしながら、受験生以外のテスト対策をしているこの時期は、本当にうれしい悲鳴です。

教室の中がピンと張り詰めるようです。

毎年思うことですが、この時期の中学の進度は異様なものがあります。

どうしても試験範囲は一年の中で一番広くなりますし、学級閉鎖の恐怖とも戦わなくてはいけません。

先生自身もインフルエンザにかかるわけにもいきません。

教科書も終わらせなくてはいけない。

結果、一中二年生の場合

英語 約35P

数学 約35P

理科 約100P(!!)

社会 約30P

国語 先生ダウンのため不明

これにワークや資料集が加わります。

しかしながら、当塾ではこうなることは予測できていたので、通っている生徒たちはすでにワークは終わらせています。

あとは繰り返し問題演習をして高得点を狙います。

 

生徒一人ひとり目標が違って当たり前です。

平均点を目指す生徒。

学年10番入りをしようとしている生徒。

苦手な数学を何とかしたい生徒。

それぞれにアプローチは違います。

そういった生徒に寄り添って、全員の目標達成を目指します。

3年連続全員第一志望校合格奪取(中学受験)

 ようやく受験シーズンも終盤に差し掛かりました。

大学受験も中期に回った生徒と、難関校を残すのみ。

高校受験は私立と都立が残っていますが、あと2週間ですね。

さて、中学受験ですが、

3年連続全員第一志望校合格奪取しました。

当教室では、〇〇中学△人

みたいな表記はしません。なぜなら、みんな行きたい学校は違うからです。

 

16年 国学院久我山中学 東京電機大中 明星中

17年 穎明館中学 吉祥女子中

18年 学院久我山中 明星学園中

 

に進学しました。一人一校表記です。滑り止めにいくら合格しても仕方がないと考えていますので。

生徒数が大手の塾さんと比べるとどうしても少ないので、単純比較はできませんが、中学受験においても引けを取らない強さがあると思います。

今年の久我山に合格した生徒は、9月に入塾して3か月で偏差値を15上げました。はっきり言って他塾についていけなかった生徒です。

今からでも間に合うかな。

とか

どうも、今の塾で続けるのはまずいのでは。

と感じていたら、転塾も考えてみてください。

« 2018年1月 | メインページ | アーカイブ | 2018年3月 »

府中教室の塾生が通う学校一覧

【高校生】:
大妻女子高校、明星高校、都立府中高校、都立杉並高校、帝京八王子高校、 昭和第一高校、国士館高校、日大明誠高校、駿台学園高校

【中学生】:
府中第二中学、府中第四中学、府中第六中学3名、府中第八中学、府中浅間中学 桐朋女子、明星中学

【小学生】:
府中第四小学校、府中第六小学校、府中第十小学校

「府中個別学習会」の塾生の皆さん、がんばって!
目指せ!逆転!