府中の塾 府中個別学習会 国語と勉強の仕方を大切にする塾

府中個別学習会 合格実績

都立立川国際中等学校 合格体験記2018.10.31 中学受験


「合格だ!やったー!」僕は自分の受験番号がパソコンの画面に映っているのを見て言った。
(もし塾に行っていなければ…)

僕が受験をすることになった頃は、ほとんど勉強をしなかった。
書くことが嫌いで宿題もあまりやらなかった。受験生としてはいけないと思い、

母は僕を塾に行かせることにした。

あの日からは、僕の人生が変わったようだった。毎日勉強、宿題があった。
僕が苦手なことをやって、どんどんわかるようになった。模試もやってみたら、点があがっていった。

塾に僕は鍛えられたのだ。

とうとう入試の日が来た。とても難しいと思っていた問題がスラスラ書けた。
塾に入る前の自分だったら、こんなことはあり得ないだろう。

僕が一番苦手だった作文も、簡単に書けた。入試は無事終わった。

合格発表の日にパソコンの前に立って自分の受験番号を見た時。
それは今までのことが結果に出たときだった。

「今までのこと」のほとんどは、塾に行ったことがよかった、ということだ。

 

<塾長より>

お母さまからお問い合わせのメールをいただいた時、
正直この時期では間に合わないのでは、と思いました。

しかし、とりあえずお会いし学習状況および学力を確認して、

できるだけ率直な判断をお伝えしようと思いました。

漢字は全くできませんでした。しかし、さまざまな話題が彼の口からどんどん溢れ出してきます。
算数は大好きである。本は常に読んでいる。社会の情勢にも明るい。

しかも、自分なりの意見をもっている。これはいけるかなと思いました。

このような子を都立中高一貫が求めていることを知っていました。
それが「通ると思いますよ」という言葉を私にいわせた理由です。

K君、お父様、お母様、本当に良い出会いをさせていただきました。ありがとうございました。

一月中ごろ深大寺の境内でご家族と偶然お会いしたのが印象的でした。
中学校でも君のユニークな才能にさらに磨きをかけなさい。活躍を期待しています。

合格おめでとう。たまには顔見せろよ!

 

<お母さまより>

「通ると思いますよ」入塾前のテストを終えての塾長の言葉でした。
私は一瞬耳を疑いました。

新しく開校する都立の中高一貫校に魅力を感じて息子の受験を決めたものの、
初めて受けた模試の結果があまりにもひどく、どうしたものかと悩んでいた時に見つけた「つつじヶ丘個別学習会」。

周辺にいくつもある塾の中で、始めからここにしぼった決め手は、HPのキャッチコピーでした。

「得意技は”逆転”です」。早速メールで問い合わせたところ、すぐに塾長からの返信があり面談、

冒頭のテストとなったものでした。

模試があんなだったのに…?営業のための社交辞令では?と疑う気持ちも否定できませんでしたが、
誠実そうな塾長のお人柄と、広告等の実績を信じ、お世話になることに。

あの時の(思い切った!?)決断が、合格につながったと思うと、感慨もひとしおです。

先生方の豊富なご経験ゆえでしょうが、息子の性格(多分私の性格も)よく見抜いて指導していただきました。
勉強に行き詰った時には、驚くことに一週間ほどの「休み」を勧められ、

気分転換をした息子は再びやる気を出して元気に通ったものです。

適性検査を終えて「全部書けたよ」と言い切った息子、初めて模試を受けた時のことを考えると、
結果がどうあれこれで十分とさえ思えたのを覚えています。

でも、合格ってやはり格別ですね。

先生方、本当にありがとうございました。