府中の塾 府中個別学習会 国語と勉強の仕方を大切にする塾

府中個別学習会 新着情報

「勉強はやる意味がない」というあなたへ2019.03.09


なんとなく、大人から

「勉強は大切だから頑張んなさい」と言われているけれど、本当なのだろうか。

数学や物理なんて、実生活では絶対に使わないよね。と言っているあなた。

まったくもってその通りです。

もう少し正確に言えば、実生活の中では、確かに微分積分は使わないし、ボイルシャルルの法則なんて二度と口にすることはないです。

でも、ここで大切なのは「勉強の仕方」を身に着けることだったり、先生の発言を正確に把握する訓練だったりします。

 

よく

「大人になったら、勉強の連続だ」っていう発言を耳にしたり、

「若いころもっと勉強しておくべきだった」と言っているのを聞いたり、

会社をリタイヤ後に大学に入りなおしたりする方もいらっしゃいます。

 

私が以前、所属していた外食産業も、驚くほど勉強の連続です。

仕事を覚えるのはもちろん、創意工夫や、従業員たちが働きやすくするためにはどうしたらいいんだろう。とか、

お客様に満足してもらうためには・・・、今、世の中で流行っていることは何だろう・・・、意外と頭を使っています。

 

これらは、おそらくすべての職種でいえることで、人間が一人で生活ができない以上、コミュニケーションをとったり、自らの創意工夫で仲間たちとより快適に生活できる環境を作らなければならないのです。

それができなければ、敬遠されたり、仕事ができないやつと思われたり、仲間意識が希薄になったりします。

 

 

これは蛇足ですが、料理って意外と物理の知識が必要で、

お鍋に蓋をするのは、蓋をすることで圧力が上がり、ボイルシャルルの法則で圧力が上がると沸点が上がり、効率よく具材に火が通るためです。

包丁は圧力の法則で切れる切れないが決まります。

食材を解凍する際は、まな板の上に置いておくよりは、殺菌済みのアルミの上に置いておいたほうが、熱伝導効率が上がり、意外と早く解凍できます。

 

まぁ、こんなことを知らなくても、料理のうまい下手には関係しませんが。

数学や、物理をやらなくても困ることはありませんが、知らず知らずのうちに損をしていた。もしくは損していることにすら気づかないってことはあります。

 

しっかりと計画的に勉強していける、個別指導塾で頑張っていきましょう。