府中の塾 府中個別学習会 国語と勉強の仕方を大切にする塾

府中個別学習会 新着情報

「勉強のやる気が出ない」という問題③2019.04.27


新学期の新規面談がひと段落つきましたが、

やはり今年も「勉強のやる気が出ないのです」という相談が圧倒的でした。

ですので「勉強のやる気が出ない」要因を考え解決に向かっていけば、一人でも勉強できるようになると思います。

 

「勉強のやる気が出ない」要因③

ズバリ 疲労 です。

人間疲れている状態で、「集中してやる気を出す」のは不可能です。

私も自動車教習所で「疲労を感じた時には自動車の運転はしないように」と言われました。

ですので、家で勉強するときにはなるべく疲労の少ないとき、もしくは少なくしてから勉強をする工夫が必要です。

 

私の場合は「10分間だけ寝る」とか「勉強に向かう前・休憩時間に好きな楽曲を一曲だけ聞く」とかしていました。「10分間だけ寝る」というのは家族の協力が必要でしたが。「朝まで寝てしまう」というリスクは伴いますが、うまくいけば効果絶大です。

また、これはテスト前や休日の勉強でも重要で、多くの生徒が

前日夜遅くまで携帯電話をいじっている、昼過ぎまで睡眠、夕方までダラダラ、夕食後にようやく勉強を始める。なんて感じかもしれません。

経験上、一番集中できるのは午前中、もっと言えば早朝です。脳が最もフレッシュな状態です。ここで、一番脳に負荷がかかる、数学や理系科目の問題演習をやってほしいです。文系なら英語・国語の演習・暗記物の確認。そして午後は自分の好きな科目、夜は暗記物でもいいかもしれません。昼寝(1時間程度)を挟んでもいいです。

 

リフレッシュの仕方は人それぞれです。仮眠をとる、音楽を聴く、漫画を見るなどなど。でも必ず時間厳守で1分をめどにしてください。また、ゲームをするなど脳に負荷のかかるものはだめです。脳が疲れてしまいます。ゲームをしたいなら、きょう一日の勉強が終わった後にしてください。

 

「国語」と「勉強の仕方」を身に着けたいのなら府中の個別指導塾の「府中個別学習会」まで