府中の塾 府中個別学習会 予備校、学習塾(進学・補習) 目指せ 逆転!

府中個別学習会 新着情報

冬休み、君は何をするべきか(大学受験)2018.12.17


当たり前のことですが、大学受験と高校受験は違います。高校受験はほぼほぼみんな同じスケジュールであり、都立高校が第一志望であれば、みんなと一緒に過去問対策という形になります。

でも、大学受験に関しては、国立一本という形でない限り、私立大学の受験は1月の末から2月の終わりまで続き、長期間にわたります。受験形式も前期・中期・後期に分かれたりしていて、複雑です。

そんな中、冬休みに関しては、やはり過去問が中心になると思います。万が一過去問をやるレベルにないという生徒に関しては、莫大な量の問題を解かせることもあり得ます。

大学入試の過去問をやるということは、その大学の教授たちと会話するという行為に近いです。長文をガンガン読ませるのか、また、長文の内容は時事関連なのか。文法の問題はどのくらいのボリュームがあるのか。発音の問題が出るのか。

出題傾向・レベル・スピード重視かどうか・あと何点で合格最低点達するのか等々見るべきポイントも多いのですが、一番重要なのが生徒との相性です。ここの部分は模試では測れません。模試の偏差値のわりに過去問は全く取れないこともあるし、その逆もあり得ます。あまりにも過去問で取れないようであれば、受験校の変更も考えなければいけません。入試で取れないのであれば、教授と会話が合わないということですから。

文系の生徒は国語の問題で迷走することが多いです。センター過去問であれば、解説もかなりしっかりしているのですが、大学の赤本でも、学校によっては解説が全くないところもあります。こんな時にはお近くの塾でピンポイントで対策をしてもいいかもしれません。