府中の塾 府中個別学習会 国語と勉強の仕方を大切にする塾

府中個別学習会 新着情報

落ち込む必要はない、改善・対策を繰り返そう2019.05.20


多くの中学・高校が中間試験真っ最中です。

1年生にとっては初の定期試験だし、2年生・3年生にしても新しい先生・仲間とともに受ける中間試験です。

 

そんな中、順調に計画をこなし、万全の状態で定期試験に臨む生徒もいれば、宿題をやってこなかったり、1日で終わると思っていたところを3日かかってしまい

うまく消化できなかった生徒も正直います。 目標に届かなかった生徒たちに

「どうしてうまくいかなかったんだろうか?」

と抽象的な質問を投げかけると(普段はこんな意地悪な質問はしません)

「頑張りが足りなかった」とか

「勉強時間をもっと増やせばよかった」とか

「集中できていなかった」

とやはり抽象的な解答が返ってきがちです。

 

確かにそういったことも反省点の一つでしょう。しかし、次のテストの改善・対策にはなっていません。

 

「頑張りが足りなかった」→「予習復習を必ずして、授業を活用する」

「勉強時間を増やす」→「テスト勉強開始を一週間早める」

「集中できていなかった」→「家での勉強は集中できないので、図書館などを利用する」

といった具体的で、検証可能な改善にしたほうがいいでしょう。

 

ちなみに当教室では、3週間前にワークなどの提出物は終わらせ、問題集を3周させるようにしています。ただし生徒によって進みが違うので微調整は必要です。

そして、いったん改善点として挙げたからには、しっかりと自分がチェック・評価していきます。

今回のテストで上手くいかなかったからって、落ち込む必要はありません。最初のテストですから。きちんと改善していきましょう。

でも、今回のテストで手を抜いてしまったのであれば、改善することは困難かもしれません。真剣に取り組まなければ、悔しいと思うこともできません。

生徒と二人三脚できちんと目標達成していきたいと思います。